Soliloquy
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
帰ってきたうさぎ


2月に、傍にいた最後の愛兎が旅立って半年。
その子にとっての初めてのお盆を迎え、はや送り火です。

19年もの間うさぎと暮らしていた身としては、うさぎのいない生活はやはりとても寂しいと言うか、何かが足りない感じが埋まることがないのですが、今の環境で新たな子をお迎えしても、これまでと同等かそれ以上のことをしてあげられるわけではないのが分かっているので、想いはあってもお迎えは出来ません。


私は、今まで一緒に暮らしたうさぎ達のお骨を手元に置いています。
それは、ずっとこの地に留まるつもりがないので、今どこかのお寺に納骨しても、引っ越して遠くなってしまって会いに行くのが大変になってしまうのが嫌だからです。
それならば、今は手元に置いて、月命日や命日・お盆やお彼岸などにお花や好物を供えたりしてあげたいという、エゴと言えばそれまでですが、そうしたい思いがあります。

お骨は全部で8つあります。
もう10年以上も前にお骨になった子もいるというのに、どの子もついこの間まで傍にいたような気がします。
それだけ想い出も鮮明で、それぞれの子の仕草や手触りや重さを体で覚えています。
○○ちゃんは抱っこするとこのくらいの手の位置、○○君はもうちょっと大きくてこのくらい、○○ちゃんは他の子と違ってこう抱っこされるのが好きで手をここにかけて…といった具合。
愛しくて愛しくてたまらないですね、書きながら涙ぐんでしまいました^ ^;


皆さんに信じて欲しいわけではないですが、お盆の迎え火の日、私の部屋の入り口に流れ星のような花火のような、光るものが複数見えたのです。

私はあれはうさぎ達が帰ってきてくれた証だったと勝手に思っています。
 

久しぶりに一緒に過ごしたこの数日ですが、また次もありますから、今日は笑顔で見送りたいと思います。
「またね。」って。

 



在りし日のMちゃん。
生牧草が大好きでした。
 


JUGEMテーマ:ペット

| うさぎ・猫 | comments(0) | - | Shoko |
変化

 

また久しぶりの投稿…^ ^;
 

記事を書く前に。
一部の方から文字サイズが小さくて読みづらいというご指摘がありましたので、記事の文字を少し大きくしてみました。
CSSいじくるの久しぶりだったのだけれど、元がしっかりしていたので無事に出来ました。
大きくしたと言っても2pxだけなんですけど、このくらいなら大丈夫かな?

 
さて、本題です。
 
この1ヶ月半くらいでしょうか。
私の周りで多くの人が動いて下さいまして、環境がだいぶ変わりました。
もちろん、いい方向にです。
 
自分のために、こんなにもその道のプロみたいな方々が素早く動いて下さって、環境を整えてくれたと言うか、土台を作ってくれたと言うか、そのことにはただ感謝しかありません。
 
そして今まで、こんなにも私のために寄り添い、労力を厭わずに動いて下さった方はいらっしゃらなかったので、本当に甘えてしまっていいのだろうか?という戸惑いも少しありましたが、そこはお互いの「信用」が大切だと思い、余計な事は考えず、皆さんに甘えさせて頂きました。
 
甘えたとは言え、当の私がしなければ動かないことも多々あって、なかなか忙しかったりもしたのですが、それも報われるだけの、いや超えるだけの、素敵な環境が整いました。有難いことです。
 
多くの方のご好意をを無駄にしないよう、新たな気持ちでやるべきこともやりたいことも精一杯やっていく所存です。

どっしりとした土台は整い。その上に小さいけれどスタートを切れるだけのものも整いました。

あとは頑張るだけです。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

| 日記 | comments(0) | - | Shoko |
久しぶりに

 

約4ヶ月ぶりの投稿になりますね…

 

前回の投稿が2月16日になっていますが、その翌日、ここに何度か登場したうさぎが旅立ちました。

その時に思ったことや感じたことは色々とあったのですが、それは私の心の中で生きているので書こうと思えば書けるのですが、なんとなく、大事に心の中にしまっておきたいなという気持ちが消えないので、書かずにおこうかと思っています。

言葉にしてしまうと軽くなるというか、気持ちに言葉が追いつかなくて、(多分)納得いかない文章になるだろうというのもありますし。

 

 

それとは別に、自分の身辺も少しずつ変わってきました。

手放したものもあれば、掴んだものもあり、その変化の中で歩き出して、今までいた場所から他の場所に移っっている最中みたいな感じですかね。

手放すにも掴むにも、それなりに考えたり覚悟も必要な選択でしたが、今のところそれらが間違っていたとは思っていません。

なぜなら、今とても自由で満足感もあるからです。

このまま、いい感じで残り半年ほどを過ごせたらいいなと思っている今日この頃です。

 

 

 

 

今年は桜も早かったけれど、その勢いのままどのお花も早いように思います。

紫陽花も早いものはもう色が褪せてきていたりしますね。

これからは、蓮の花が見頃になるでしょうか。あと、桔梗も。

どちらも私の好きな花なので楽しみです♪

 

最近はガッツリ写真を撮るぞーという事がほとんどなくなっているので、蓮と桔梗はどこかに撮りに行きたいですね…

開花の状況を見ながら、どこかに行って来たいと思います♪

 

JUGEMテーマ:日記・一般

| 日記 | comments(0) | - | Shoko |
マンウォッチング

 

結構、観察するのが好きです。

 

それはヒトに対してもそうで、街中にいてもネットでも遠巻きに眺めて観察している事があります。

 

そこにはヒトという生き物の言動にある種の法則みたいなものがあったり、ある程度の期間観察を続けていると、個人個人の思考パターンが見えてきて、その人が

 

「今日はこんな事があってこう思った」

 

と書き込むと、ああ次はきっとこうなるんだろうなと予測が出来、本当にそうなるなんてこともあり……。

 

きっとご本人は、その対象の相手が変わっても、もう何年も同じような事を繰り返し、そのたび同じようなことを書いていることに気づいていないんじゃないかな。。

 

 

 

過去と未来。

 

 

過去というのは既に起きた事で、決定したこと、不動のもの。

 

だから、過去に嫌な事や悲しい事があると、目の前に幸せがぶらさがっていても、また同じようになるんじゃないかと不安に思ったり疑ったりしてしまう。

 

あるいは、過去になんとかしようと思ったけれど失敗したので、諦めたりとか。

 

 

未来というのはこれからの事で、まだ決まっていないしいくらでも変化するもの。

 

なのに、過去にこういう選択をしたら上手くいったからこうしようと思いがちで、本当は他にいくらでも選択肢はあるのに、同じものを選択してしまう。

 

そのときと別の選択をしたら、もっと素敵な未来が開けるかもしれないのに。

 

 

そうやって、過去に縛られて、自ら幸せを遠ざけているヒトがいるように思うのです。。

 

 

そういう人の共通点のひとつに、「でも」「だって」「〜だから」「やっぱり」「どうせ」など、言い訳や否定や決めつけの言葉が多いというのがあるように思います。

 

未来にはそんな言葉、必要ないと思うんだけどなあ。

 

なぜなら、まだ何も起こっていないし、何かしなければ何も変わらないし、いくらでも選択は出来るんだもの。

 

やってみなきゃわからない、まずはやれ!(笑)

 

──そう思ったのでした。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日思った事、考えたこと

| 日記 | comments(0) | - | Shoko |
ありがとう
寝たきりで介護の必要なうさぎは、まだ私の傍にいてくれている。
 
去年のクリスマスを一緒に過ごせるか、一緒に年を越す事が出来るか、そんな心配をしていたのだから、随分と懸命に生きていてくれていると思う。
 
お迎えしたのは2006年の8月13日だったけれど、その時点で生後4〜5ヶ月と言われたので、あとひと月かふた月で12歳ということだ。

 
ついこの間までは寝たきりになっても、食事の時には頭を持ち上げて自力で食事が出来ていた。
 
オシッコが出る時には、足をバタバタさせて教えてくれた。
 
けれど2日ほど前からそれらはなくなり、食欲も落ちてきた。

 
野菜に好き嫌いはなくて、なんでも食べる子だったけれど、それも時々「それは食べたくない」と顔をそむけるようになった。
 
それでも大好きなものを差し出すとパクッと食いつくのは、嬉しくもあり救いでもあり笑顔にもなれる。
 
食事を摂らないという時には、強制給餌も方法の一つではあるけれど、もう12歳近い子だし病気というわけでもないので、私はこの子に関しては、出来るだけ本兎の意志に任せようと思っていて、強制給餌はしていない。
 
今はもう食べる量がどう考えても全然足りていないけれど。。。

 
それでも、食べないけれど食べたそうな顔をしている時があることに気づいたので、もしかしたら食べたいけれど食べられないのかな?と思って観察していたら、どうも時々呼吸が苦しくなる時があるようだ。
 
この何日かで食べている最中に起こることも出てきた。
 
抱き上げて身体をさすったり、身体の向きを変えてあげるとおさまる。
 
でも、その後は好きな野菜も食べられない。。

 
何を食べてくれるかわからないので、出来るだけ多くの種類の野菜を用意しても、少ししか食べられない事が多くなり、残したものは私が食べればいいからそれは構わないけれど、いくら本兎の意志に任せるとはいえ、うさぎが食べたいのに食べられずに衰弱していくのをただ見ているのもあんまりだ。

 
もっと、少量でカロリーが摂れるものを食べさせたい!

 
そこで、残した野菜に大好きなリンゴを少し加えて、いわゆる青汁のようなものを作り、それでペレットをふやかして、一粒口元に差し出してみた。
 
パクッ!
 
頭全体で突っ込んでくるような勢いで食べた!
 
もう一粒。
もう一粒。
もう一粒。。
 
ゆっくりしか食べられないけれど、これくらいは食べて欲しいと思って作ったふやかしペレットを一粒一粒差し出すと、休み休み全部食べた!
 
手間も時間もかかるけれど、一つの命の重さを考えたら、こんな事くらいなんでもない事だ。
 
むしろ、もっとやれる事はないだろうかと思う。

 
11年半も一緒に過ごしてきた命。
 
いい時も悪い時もあったけれど、どんな時も変わらずに傍にいてくれた命。
 
弱々しくなりながらも、まだ一緒にいてくれるために、私が差し出したものを疑いもせずに食べてくれる命。

 
愛しくて愛しくてたまらない。

 
出来るだけのこと、思いつく限りのことをしてあげるんだ。
 
小さな命に、「愛してる」と「ありがとう」を毎日伝えられる、この毎日がとても幸せ。

 

JUGEMテーマ:ペット

| うさぎ・猫 | comments(0) | - | Shoko |